mixPaper

電子ブックの配信・販売ソリューション

新しくブックを作る
ホーム『太宰治 朗読の楽しみ 〜微苦笑を誘うエピソード』

『太宰治 朗読の楽しみ 〜微苦笑を誘うエピソード』

ブログパーツ
価格無料

teabreakt

ページ数:37

リリース日:

気になる本登録数:0

このブックを通報する

詳細情報

カテゴリ:文芸・コラム 

タイプ:資料・レポート 

タグ[編集]: 太宰治 朗読

内容
平成21年は、太宰治生誕百年という節目の年でした。太宰治は、昭和23年6月に玉川上水で入水自殺し、その後半世紀が経過しましたが、その根強い人気は衰える様子がありません。誕生日でもあり遺体発見の日でもある6月19日の桜桃忌には、三鷹の禅林寺の墓前に花を手向ける方々が多く集まります。
昨年は、「斜陽」「ヴィヨンの妻」などが相次いで映画化され、書店でも、太宰治のコーナーが設けられているところも多く、改めて太宰の作品を読み返し、あるいは新たに触れ、その魅力を再認識される方も多いことでしょう。
他方、太宰治の作品の朗読も、多くの方が取り組んでおられます。私のほうで、皆さんが朗読ブログにアップされておられる朗読を作家・作品ごとに集約して、『日本名作文学朗読選』の形でアップしていますが、そこでは、やはり太宰治の作品が圧倒的多数となっています。そこで、今回、太宰治のさまざまなエピソードを各種の本から集めてみました。微苦笑を誘うエピソードばかりです。友人、知人となると大変でしょうが、「しょうもないなぁ・・・」と最後は思ってしまします。太宰治を身近に感じ、その魅力がいっそう増すお役に立てば幸いです。

Facebookでのコメント

このブックに関連するブック

他のブックはありません。

試し読みの履歴

試し読みの履歴はログインすると表示されます

ユーザ情報

teabreaktさん

プロレス本屋