mixPaper

電子ブックの配信・販売ソリューション

新しくブックを作る
ホーム原典を元とする理の研究 〜下〜

原典を元とする理の研究 〜下〜

ブログパーツ
価格(税込)¥300

genten

ページ数:116

リリース日:

気になる本登録数:3

出版社:みさと編集室

著者:植田義弘

このブックを通報する

詳細情報

カテゴリ:教育・学習 思想・哲学・自己啓発 文芸・コラム 

タイプ:書籍・雑誌・新聞 資料・レポート 

タグ: 天理教 宗教 虚像 実像 理 研究 原典

閲覧可能な環境: [Windows/MacOS:] [Android:] [スマートフォンブラウザ:×]

内容
(上)に続いて(下)は、 第四章「 鏡やしき・ぢばの理」から始まります。

最終章までの「目次」は(上)の頭で参照して下さるようお願いします。

なお、最終章(第七章)に「元の理からの出発」を追加しています。

巻末に(付録)として、教祖ご在世中の明治18年、直々に山田伊八郎(敷島初代)に説き聞かされたお言葉を記録した手記の一部「国の本尊について」を転載しています。

(電子ブックを「読む」ためには、「みさと原典研究会」会員用パスワードが必要です)
*研究会への入会については「規約」ページ下段の<入会の手続きについて>をごらん下さい。
目次
  • 第四章 鏡やしき・ぢばの理 2
  • 第五章 天の理・心の理 32
  • 第六章 身上・事情 62
  • 第七章 元の理からの出発 89
  • 「おさしづ」資料篇:全6部 114
  • 手書き資料篇 頒布お知らせ 115

Facebookでのコメント

このシリーズのブック

他のブックはありません

gentenさんの他のブック

試し読みの履歴

試し読みの履歴はログインすると表示されます

ユーザ情報

gentenさん

このたび「みさと編集室」を発展的に解消し「みさと原典研究会」として発足することになりました。原典に啓示された「理」の全体的・体系的な理解をめざして共々に研究を重ねていきたいと願っています。
(画像は、この道の出発点となった「つとめ場所」)